◎馬券は年間トータル収支で考える◎

競馬愛好家なら誰も注目した日本競馬史に残るビックニュース「ハズレ馬券は必要経費か否か」が話題になった大阪の脱税裁判。
なんとこの被告が5年間で得た馬券の利益は、約1億5千500万円! 市販の競馬予想ソフトに独自の分析を加え、イ ンターネッ
ト投票で自動購入するシステムを構築。対象レースは新馬戦や障害戦以外の全てのレースで、馬券の種類は馬連、馬単、 三連複の多点
張り、回収率を重視し、手元資金100万円を見事にころがし155倍にすることに成功した。

競馬愛好家はもちろんのこと、投資家としても素晴らしい実績です。

しかし検察側は利益以外の払戻し金額すべてもが所得税の対象となると主張し、利益を大幅に上回る5億7千万円の納税を要求! 誠に
理不尽な主張である。公営ギャンブルで得た所得は「一時所得」になるという税法に大きな問題があるといえは、利益を大幅に上回る
税金を払うことになれば「競馬システムそのものが崩壊してしまう」他の馬券愛好家も他人事では無い。早く法改正に取り組まなけれ
ば、インターネット投票が進むこのご時世、馬券収支が赤字にも関わららず多額の納税を強いられることになってしまう。

年度 支出(購入金額) 収入(払戻し金額) 差引(利益) 回収率
2005年(平成17年) 98,974,000円 108,399,080円 9,425,080円 109.52%
2006年(平成18年) 538,121,400円 543,702,140円 5,580,740円 101.04%
2007年(平成19年) 667,370,700円 767,790,180円 100,419,480円 115.05%
2008年(平成20年) 1,420,592,800円 1,446,835,930円 26,243,130円 101.85%
2009年(平成21年) 784,806,100円 798,208,610円 13,402,510円 101.71%
3,509,865,000円 3,664,935,940円 155,070,940円 104.42%

※裁判は平成19年から平成21年の3年間が対象。平成17年、18年の2年間は時効

とは言ってもやはり他人事で終わらしてします方が大半だとは思います。しかし、この競馬予想システムに興味ある方、購入したい方は
大勢いると思います。この被告の5年間の回収率は104.42%ですが、、、

当サイトの競馬予想は6年間の平均回収率107%

◎重賞に限っては、

対象レース数 的中数 的中率 回収率
2013 116 31 26.70% 175.77%
2014 118 30 25.40% 159.14%
2015 24 9 37.50% 104.52%

※2015年は3月16日までのレースが対象です。

馬券は、どうしても一攫千金を求めがちですが、高額な金額を手にしたければ回収率を重視しレース毎に一喜一憂せずに、じっく
り構えて勝負することが重要です。一か月、二か月単位やましてや週単位で結果を求めては、馬券で勝つことは不可能です。

【備考】馬券の予想は、出走頭数12頭以上のレースに限っています。

極・三連複研究所の競馬予想はこちらか↓

レジまぐ商品の購入はこちら!

下記の高配当実績に偽りは一切ございません。しかし今後も同様の高配当的中を保障するものでもありません。(;´д`)ゞ

・このサイトは、継続的に少点数で馬券的中や、超高確率な馬券的中をうたうものではありません。

 (そんな素晴らしい競馬予想ができる方がうらやましいです(´゚艸゚)∴ブッ)

・競馬関係者からの情報などは一切仕入れていません。

 (競馬関係者から極秘裏情報入手みたいなんてやつ。あるなら教えて~!(*`艸´)ウシシシ)